ニュース

全栄和【画像】医師と山田英志【画像】が虚偽診断書で逮捕!衝撃の手口とは・・・

暴力団組長の収監を免れさせる目的でニセの診断書類を作成して疑いで京都市内の病院の医師と事務員、そしてニセの診断書作成を依頼した暴力団員の3人が逮捕されました。医師という専門職にニセの診断書を作成させた暴力団の手口とは?

スポンサーリンク

事件の概要

暴力団幹部の収監を免れさせるために京都府立医大病院(京都市)などが検察に病状を虚偽報告したとされる事件、京都府警に虚偽診断書作成、及び、同行使の容疑で逮捕された「康生会武田病院」の医師、全栄和(チョンヨンファ)容疑者(61)、同病院元医事部長の大西義彦容疑者(45)、そして、虚偽の回答書の作成を依頼した容疑で指定暴力団会津小鉄会系組員、山田英志容疑者(48)が逮捕されました。

山田容疑者は、脅迫罪で実刑が確定していた指定暴力団山口組系淡海(おうみ)一家総長、高山義友希(よしゆき)受刑者(60)の収監を免れるよう、全容疑者と大西容疑者に虚偽の回答書の作成を依頼したとされます。

全医師と大西容疑者は虚偽の回答書を作成したことや、暴力団側から現金計約100万円と商品券を受け取ったことを認めている、とされています。

武田病院は府立医大病院が医師派遣などで協力する関係病院であることから、京都府警は回答書が作られた経緯や暴力団との関係、府立医大の疑惑との関連など全容解明に本格的に乗り出す方針とされます。

指定暴力団山口組系淡海(おうみ)一家総長、高山義友希(よしゆき)受刑者(60)は、武田病院で不整脈の治療を受けていた。捜査関係者によると、担当医だった全容疑者は平成28年2月、高山受刑者が「重症心室性不整脈」で収監されれば悪化する危険性があるとの虚偽の回答書を作成し、検察当局に提出した、とされます。

高山受刑者は27年7月、脅迫罪で懲役8年の実刑判決が確定していたが、この回答書が提出された直後に大阪高検が刑の執行を停止。

しかし、その後に府警が高山受刑者の医療データを入手し、複数の医師に依頼して精査した結果、重篤さが否定される結果となり、更に高山受刑者の行動からも体調が回復していた様子が確認されていたていたいたため、全栄和容疑者と大西容疑者の逮捕に繋がったとされます。

高山受刑者は平成24年ごろから不整脈の治療のため同病院を受診、全容疑者は担当医として高山受刑者を診察する関係、
そして大西容疑者は当時医事部長として診断書作成の補助などを担当していたほか、暴力団員ら反社会勢力の患者にも対応していました。

山田容疑者は、高山受刑者の父親で同会の故・高山登久太郎(とくたろう)元会長が組長を務めていた同会系中川組に所属し、高山受刑者と親しい間柄。

全栄和医師、大西元医事部長、そして山田容疑者の3人は、高山受刑者の収監を免れさせようと「心室性不整脈はかなり重篤」などとする虚偽の診断書を作成し、平成28年2月、回答書として大阪高検に提出した容疑で逮捕されています。

スポンサーリンク

全栄和・容疑者プロフィール


出典:Twitter.com

全栄和容疑者のプロフィールは以下のとおりです。

1982年 国立山口大学医学部医学科卒業
1982年 東京医科歯科大学医学部附属病院(第二内科 研修医)
1983年 長野県厚生連北信総合病院(内科 研修医)
1984年 東京医科歯科大学医学部附属病院(第二内科 医員)
1985年 国家公務員共済組合 横須賀共済病院(循環器科 医員)
1988年 米国留学 米国フロリダ州 マイアミビーチ マイアミ心臓研究所
1991年 東京医科歯科大学医学部附属病院(第二内科 医員)
1991年 茨城県厚生連 土浦協同病院(循環器内科 医員)
1993年 山口大学医学部附属病院(第二内科 医員)
1995年 山口大学医学部附属病院(第二内科 助手)
2000年 医療法人財団 康生会 武田病院(不整脈科 部長)
2008年 医療法人財団 康生会 武田病院(不整脈治療センター 所長)

高山受刑者が康生会武田病院で受けたとされる不整脈の最新治療がリアルタイムにカテーテルの位置を確認しながら正確で安全に心筋焼灼術を行う最新治療。そしてそのカテーテル手術を担当したのが康生会武田病院不整脈治療センター所長だった全栄和容疑者でした。

まとめ

京都府警は虚偽診断書作成容疑などで民間病院「康生会武田病院」の医師・全栄和容疑者と同病院の元・医事部長・大西容疑者、そして虚偽診断書作成を依頼した疑いで指定暴力団会津小鉄会系組員、山田英志容疑者(48)が逮捕されました。
京都府警が2月14日に府立医大などに家宅捜索に入ってから1カ月が経過、京都府立医大病院が医師派遣などで協力する関係病院である武田病院の関係者を逮捕したことで京都府警は回答書が作られた経緯や暴力団との関係、京都府立医大の疑惑との関連など全容解明に本格的に乗り出す方針とされます。

今回逮捕された全容疑者は平成28年2月、高山受刑者が「重症心室性不整脈」で収監されれば悪化する危険性があるとの虚偽の回答書を作成し、検察当局に提出した疑いが持たれていますが、この事件では、京都府立医大病院も平成27年8月、高山受刑者が生体腎移植後に腎臓の状態が悪化していることなどを理由に「刑事施設での拘禁に耐えられない」とする虚偽の回答書を検察側に提出した疑いが浮上しており、京都府警は京都府立医大病院の吉村了勇(のりお)院長(64)や担当医(44)らから任意聴取を行うなどして捜査を続けており、事件の全容解明が待たれます。

スポンサーリンク

<人気記事はコチラ>

山辺節子【画像】7億詐欺逮捕!若作りでタイ男に貢いだ手口とは?

花田雅(21)名古屋ホテルヴィラ全裸で腕に注射痕のフェイスブック画像は?

元名大生 タリウム事件 犯人 大内万里亜(画像)のヤバすぎる過去

石田恭介【Facebook顔画像有】が大阪で逮捕!女医を落としたイケメン結婚詐欺師の手口とは?

関連記事

  1. 中川俊直と前川恵【画像】重婚ウエディングスキャンダルの呆れた結末…
  2. 斧裕子【顔画像】逮捕!堺市西区火だるま男性事件の驚愕の手口と動機…
  3. 鈴木康平【画像】逮捕!女子生徒の耳なめなどわいせつの手口とは?
  4. 竹内航輝【画像】が逮捕!中学新任教師の経歴や不祥事の内容は?
  5. 小川剛史【画像】寝屋川点野小教諭が中学少女を監禁わいせつの手口と…
  6. 北朝鮮「喜び組」は25歳定年!驚きのわいせつ罰ゲームの実態とは・…
  7. 渡邊祐介(日本医科大)の彼女と被害者医師の【名前,顔画像】が判明…
  8. 澁谷恭正2chで大川経香9歳フィリピンハーフ事件の関連性で話題沸…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

recommend

PAGE TOP