ニュース

北朝鮮の核ミサイル実験で金正恩を煽る黒幕が!その狙いとは・・・

北朝鮮の核ミサイル実験で金正恩を煽る黒幕が!そしてその狙いとは・・・一見、まさか?!、と思えるような分析をフジテレビの報道番組ミスターサンデーで中村逸郎・筑波大学教授が披露して話題となっています。北朝鮮のミサイル実験が報じられ、東京メトロが運行一時停止で備える程の事態となり、国連安保理事会では中国の王毅外相がもはや中国だけでは今の北朝鮮は制御不能と発言する中、俄然、存在感を増しているのが黒幕の存在が!そしてその黒幕の狙いとはいったい・・・

スポンサーリンク

北朝鮮の核ミサイル実験で金正恩を煽る黒幕が!その狙いとは・・・

北朝鮮の核ミサイル実験を金正恩第一書記を後ろで煽っている黒幕がいる!との一見まさか?!と思えるような分析を、中村逸郎・筑波大学教授が4月30日放送ミスターサンデーで披露し話題となっています。

先週、ニューヨーク開かれた国連安全保障理事会で、アメリカが北朝鮮問題の解決を託した中国の王毅外相は「北朝鮮は既に制御不能」「主役は中国ではない」と語ったとされます。北朝鮮に対し、中国は石油の供給を止めるなどし、習近平主席もメンツを賭けて核実験停止に向け、ギリギリの折衝を続けているようですが、成果は極めて限定的。

その背景にあるのがロシアの存在だというのです。ロシアが北朝鮮を煽り、ミサイル実験、更には核実験?までも裏で金正恩を煽ることで、アメリカに対抗する形で行動に移すことで、鍵を握っているのは中国ではない、ということを示している?との見方です。

スポンサーリンク

北朝鮮の核ミサイル実験で金正恩を煽る黒幕が!その狙いとは・・・黒幕ロシアが経済的後ろ盾に?

北朝鮮金正恩がミサイル実験に踏み切った背景には、中国が石油輸出禁止処置に踏み切ったところで、ロシアから石油・天然ガスを代わりに持ってくればいい、と北朝鮮が腹をくくっているところがあるのでは?と言います。

現にロシアは、日本への入港が禁止されている貨客船、万景峰(マンギョンボン)号が2017年5月からウラジオストクと北朝鮮北東部の羅先(ラソン)特別市に新設される定期航路で就航する事を発表しています。

北朝鮮とロシアとの間には、既に北朝鮮北東部、羅先(ラソン)方面に石油・天然ガスのパイプライン、若しくは輸送経路が出来上がっている、とも見られているそうです。

ちなみに、北朝鮮にある核爆弾用のプルトニューム50キロの内、40キロはロシアから持ち込まれたと見られているそうです。

北朝鮮の貿易相手国の9割は対中国とされながら、中国がいくら経済制裁をしても北朝鮮に効いてこない理由はロシアを中心に、中国以外にいくらでも抜け道があるため、とされます。

北朝鮮の核ミサイル実験で金正恩を煽る黒幕が!・・・黒幕ロシアの狙いとは

それでは、何故、ロシアは黒幕として北朝鮮の後ろ盾と成っているのでしょうか?
ロシアと言えば、国際社会では、中国と歩調を合わせて来ましたが、その中国の顔を潰してまで北朝鮮を煽るロシアの狙いとは何なのでしょうか?

ロシアが北朝鮮に味方する一番の理由、それはロシアがクリミア併合を強行したことで受けている経済制裁の解除だといいます。

北朝鮮の核ミサイル実験で金正恩を煽る黒幕が!・・・黒幕ロシアの狙いはアメリカの経済制裁解除

北朝鮮金正恩をプーチンが煽ってる?最大の理由、それはアメリカを中心とする西側諸国が、ロシアに対し行っている経済制裁を解除してもらうこと。そして、その交渉材料として北朝鮮問題を持ち出そうとしている、と見られています。

ロシアが2014年、ウクライナの自治区であったクリミアを国際社会の同意なしに一方的に併合を宣言したことに対しアメリカを中心とする西側各国はロシアに対する経済制裁を実施、それにより350社以上のロシア企業が影響を受けているとされ、ロシアはマイナス成長、経済的苦境に立っている、とされます。

ロシアのプーチン大統領としては、何としてもこの経済制裁を解除してもらうのが大命題。その大事な交渉材料としてロシアは北朝鮮問題を利用しようとしている、との見方です。

北朝鮮の核ミサイル実験で金正恩を煽る黒幕が!その狙いとは・・・プーチンは問題解決に自信?

4月27日、ロシアを訪問した安倍首相に対し、ロシア・プーチン大統領は、北朝鮮問題は6カ国協議を通じて解決すべきと主張したと伝えられていますが、中国が主導権を握っていたとされる、その六カ国協議が2008年に不調に終わったことで、北朝鮮は核実験を今まで5回も繰り返し、核保有国?となってしまったとされます。

ちなみに、6カ国とは、アメリカ合衆国(米国)、大韓民国(韓国)、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、中華人民共和国(中国)、ロシア連邦、日本国の6か国を指します。

中国が「制御不能」と言っている北朝鮮を6ヵ国協議の場で解決すべき、というロシア・プーチン大統領の発言は、ロシアが6ヵ国協議の場で北朝鮮問題に解決の道標を示すという、プーチン大統領の意志の現れ、と中村逸郎・筑波大学教授はみておられ、プーチン大統領はこの問題を解決できるのは自分しかいない、と考えているフシがある、と見ておられるようです。

北朝鮮の核ミサイル実験で金正恩を煽る黒幕が!その狙いとは・・・・・・まとめ

北朝鮮の核ミサイル実験で金正恩を煽る黒幕が!その狙いとは・・・北朝鮮、核ミサイル実験で金正恩を煽っている黒幕が!・・・一見、まさか?!、と思えるような分析をフジテレビの報道番組ミスターサンデーで中村逸郎・筑波大学教授が披露し話題となっています。北朝鮮のミサイル実験が報じられ、東京メトロが運行一時停止で備える程の事態となり、国連安保理事会で、王毅外相がもはや中国だけでは制御不能と発言する中、俄然、存在感を増しているのが黒幕とされるロシア。

北朝鮮金正恩がミサイル実験に踏み切った背景には、中国が石油輸出禁止処置に踏み切ったところで、ロシアから石油・天然ガスを代わりに持ってくればいい、と北朝鮮が腹をくくっているところがあるのでは?と言います。現にロシアは、日本への入港が禁止されている貨客船、万景峰(マンギョンボン)号が2017年5月からウラジオストクと北朝鮮北東部の羅先(ラソン)特別市に新設される定期航路で就航する事を発表するなどし、北朝鮮に対し、存在感を増しています。

それでは、何故、ロシアは北朝鮮の後ろ盾と成っているのか?と言えば、それはロシアがクリミア併合を強行したことで受けている経済制裁の解除だといいます。北朝鮮金正恩をプーチンが煽ってる?最大の理由、それはアメリカを中心とする西側諸国が、2014年以来ロシアに対し行っている経済制裁を解除してもらうこと。そして、その交渉材料として北朝鮮問題を持ち出そうとしている、と見られています。

4月27日、ロシアを訪問した安倍首相に対し、ロシア・プーチン大統領は、北朝鮮問題は6カ国協議を通じて解決すべきと主張、北朝鮮問題を中国・米国を中心に日本・韓国の5ヵ国で話し合うのではなく、ロシアも入れた6ヵ国で話し合うべき、と主張したとされますが、その裏には、北朝鮮というカードを自分の味方に引き入れることで、アメリカと話し合いたいというロシア・プーチン大統領の意図が現れているとされます。

日本の安倍首相はG7首脳の中でアメリカ・トランプ大統領、ロシア・プーチン大統領と個人的に親しい関係といわれており、G7首脳の中ではドイツ・メルケル首相の次にメンバー経験が長いメンバーということで、5月にイタリアで予定されているG7サミット前にも、4月27日の安倍・プーチン会談を受け、アメリカ・トランプ大統領とロシア・プーチン大統領の電話会談を含む解決に向けての話し合いのアレンジの役割が期待されています。

<人気記事はコチラ>

北朝鮮・7人組【顔画像】は誰?金正恩と核ミサイルを操る秘密組織とは・・・

北朝鮮「喜び組」は25歳定年!驚きのわいせつ罰ゲームの実態とは・・・

山辺節子【画像】7億詐欺逮捕!若作りでタイ男に貢いだ手口とは?

花田雅(21)名古屋ホテルヴィラ全裸で腕に注射痕のフェイスブック画像は?

元名大生 タリウム事件 犯人 大内万里亜(画像)のヤバすぎる過去

石田恭介【Facebook顔画像有】が大阪で逮捕!女医を落としたイケメン結婚詐欺師の手口とは?

警察庁エリート阿武孝雄【画像】不倫相手に執った呆れた行状の顛末!

関連記事

  1. 黒崎愛海の犯人の名前はニコラス・セペダ!ゴミ袋や燃料購入は計画的…
  2. 中田充【画像】逮捕!福岡母子3人事件動機は義姉との不倫?
  3. 桜沢遼太と胡清【Facebook画像】の窃盗手口とは?
  4. 原達也【画像】マイケル・ジャクソン・アニメ化の悪どい詐欺の手口と…
  5. 何佳明(新津明浩・画像)逮捕!長野御代田町ホテルで塚田真優果さん…
  6. 黒崎愛海さん、チリ人犯人ニコラス・ゼぺタ・コントレラス名前公表(…
  7. 石田恭介【Facebook顔画像有】が大阪で逮捕!女医を落とした…
  8. 小川剛史【画像】寝屋川点野小教諭が中学少女を監禁わいせつの手口と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

recommend

PAGE TOP