ニュース

黒崎愛海さん、チリ人犯人ニコラス・ゼぺタ・コントレラス名前公表(犯行声明動画)

フランス留学中の筑波大学・黒崎愛海さんの行方不明事件、犯行が起こった2016年12月4日から既に1ヶ月以上が経過しましたが未だ犯人逮捕には至っていません。チリ人の犯人”ニコラス・ゼぺタ・コントレラス”(Nicolas Zepeda Contreras)はチリの最高学府の卒業生で昨年9月には犯行声明と受け取れる動画をYouTubeに投稿していました。この昨年9月に投稿された動画、そして黒崎さんが犯人ニコラス・ゼペダ・コントレラスと共にチリを訪れた時の動画を基に、事件の背景について改めてチェックしてみました。

スポンサーリンク

犯行声明予告動画?:

フランスに留学中の筑波大学・黒崎愛海(なるみ)さん(21)が行方不明になっている事件、犯人の元交際相手でチリ国籍のニコラス・ゼぺタ・コントレラス”(Nicolas Zepeda Contreras)は、2016年9月7日、黒崎さんに関するビデオ声明をYouTubeに投稿していました。

「このビデオは、声明です」、「彼女は、信頼を取り戻し、自分がしたことに対し、少し代償を払わなければならない」、「彼女が、9月21日までに、その条件を守れれば、許すことにする。そう…2週間だ」などと話していたとされ、黒崎さんとの関係を維持するために、投稿から2週間、黒崎さんに何らかの条件を守ることを課したとされています。

また、最後に、「ふらふら出かけて彼女を好きなやつと同じ過ちを侵さないように」との言葉で、動画は終わっています。

黒崎さんの家族はニコラス・ゼペタ容疑者について「危険な性格で、しつこくつきまとっていた」と証言しています。

黒崎さんは別れたつもりだったのが、ニコラス・ペゼタ容疑者にすれば未練たらたらで、黒崎さんの交友関係について、不満を持っていたことが「ふらふら出かけて彼女を好きなやつと同じ過ちを侵さないように」との言葉に込められているものと思われます。

そして、この”ルール”が守られなかったことにカッとした犯人ニコラス・ゼペタ容疑者が犯行に及んだと考えられます。

チリ旅行動画:

黒崎愛海さんはかつてニコラス・ゼペタ容疑者と共にチリに旅行した経験もあり、その様子もYouTubeに投稿されています。

犯人ニコラス・ゼペタ容疑者は、チリの最高学府・チリ大学の卒業生であったとの報道もあり、女性との交際経験が少なかった事も考えられます。

チリのニコラス・ゼペダの通っていた学校の、元PTA会長も二コラス・ゼペタ容疑者について、「友達とも協力できるし欠点のないとてもよい人物だった。とても優秀な生徒だった」と評価しています。

勉強も出来、友達も多く、裕福な暮らしをし、チリではエリートコースを歩んできたニコラス・ゼペタ容疑者。

その裏側にかくされていた「しつこく、危険な性格」が、痴情のもつれから頭をもたげてしまったとしても、その自制心のなさに対し同情の余地は全くありません。

スポンサーリンク

まとめ:

フランス留学中の筑波大学・黒崎愛海さんの行方不明事件に関し、チリ人の犯人”ニコラス・ゼペタ・コントレラス”(Nicolas Zepeda Contreras)が昨年9月に投稿した犯行声明動画、そして黒崎さんが犯人ニコラス・ゼペタ・コントレラスと共にチリを訪れた時の動画や知人の証言を基に、事件の背景について改めてチェックしてみました。
一日も早い犯人逮捕・事件の全容解明が望まれます。

スポンサーリンク

<人気記事はコチラ>

花田雅(21)名古屋ホテルヴィラ全裸で腕に注射痕のフェイスブック画像は?

元名大生 タリウム事件 犯人 大内万里亜(画像)のヤバすぎる過去

石田恭介【Facebook顔画像有】が大阪で逮捕!女医を落としたイケメン結婚詐欺師の手口とは?

警察庁エリート阿武孝雄【画像】不倫相手に執った呆れた行状の顛末!

関連記事

  1. 伊熊正光医師の経歴と勤務先は?東名高速事故【動画】反対車線に飛込…
  2. 坂田義明【成田山不動院】逮捕!俄僧侶の悪どい闇ビジネスの手口とは…
  3. やはぎみやこ幼稚園で体罰!青山秋男理事長親子のヤバイ経歴
  4. 山本勇気【画像】逮捕!プロの格闘家が男性の顔を蹴った理由とは?
  5. 高木遥生【画像】逮捕!中学女子に成すましてわいせつの手口とは・・…
  6. 楢原創麻酔科医師の病院名は?群馬大助教授がフェンタニルを使用した…
  7. 渋谷恭正(松戸市六実)逮捕!リンちゃん犯人は保護者会長で顔見知り…
  8. 杉並区清水で床下から遺体!上田美恵子さんの死因や家族構成は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

recommend

PAGE TOP