ニュース

元少年A【画像】「絶歌」売上印税一部賠償金申出を遺族拒否!

1997年(平成9年)に兵庫県神戸市須磨区で起こったあの忌まわしい「神戸連続児童殺傷事件」、当時14歳の中学生だった元少年Aが「酒鬼薔薇聖斗」を名乗り犯行声明を衝撃的な形で残したこの事件、2名が死亡し、3名が重軽傷を負った凶悪事件の加害者が、出所後、被害者側遺族の許可も得ずに出版した手記の印税の一部を被害者側に支払いたい旨、通知してきたことに対し、被害者遺族が”受取拒否”していることが報じられました。事件の概要やその後の経緯とは?

スポンサーリンク

事件の概要

1997年5月27日早朝、神戸市須磨区の中学校正門に、切断された男児の頭部が放置されているのを通行人が発見、24日から行方不明となっていた近隣マンションに住む11歳の男児のものと判明しました。事件はそれだけでも常軌を逸した異常な犯行でしたが、被害者の耳まで切り裂かれた口には「酒鬼薔薇聖斗」名の犯行声明文が挟まれており、その残虐さと特異さから日本中を震撼させました。

6月4日に犯人から第二の犯行声明文が神戸新聞社に郵送されましたが6月28日に犯人は逮捕、マスコミが報じていた「がっちり体型の30~40代男性との想定とはと異なり、14歳の中学生の犯行であったことが判明しました。

それと同時に、この事件は、実は一連の犯行であったことが判明したのです。

第一の事件は、この衝撃的な犯行の起こった3ヶ月以上前の1997年(平成9年)2月10日午後4時ごろ、神戸市須磨区の路上で小学生の女児2人がゴムのショックレス・ハンマーで殴られ、1人が重傷を負ったというもの。犯人がブレザー着用、学生鞄を所持していたと聞いた女児の父親は、近隣の中学校に対し犯人がわかるかもしれないので生徒の写真をみせてほしいと要望するも、学校側は警察を通して欲しいとして拒否、兵庫県警察に被害届を出して生徒写真の閲覧を再度要求したものの、結果的に開示されることはなかったため、その後の一連の犯行に繋がったのでは?との懸念が持たれています。

そして第二の事件は、最初の犯行から僅か1ヶ月後の3月16日午後12時25分、神戸市須磨区竜が台の公園で、付近にいた小学4年生の女児に手を洗える場所はないかとたずね、学校に案内させた後、「お礼を言いたいのでこっちを向いて下さい」(元少年のA日記より)といい、振り返った女児を八角げんのうで殴りつけたというもの。女児は病院に運ばれたが、一週間後の3月23日に脳挫傷で死亡しています。

そして第二の犯行を起こした同日の午後12時35分ごろ、第三の事件として別の小学生3年生の女児の腹部を刃渡り13センチの小刀で刺して2週間の怪我を負わせています。ナイフの刃先は胃を貫通して、背中の静脈の一歩手前で達していたとされ、手術の時に、1.8リットルもの輸血が必要だったとされます。

そして冒頭の事件、当時11歳の男児の殺害事件が第四の事件として起こってしまっています。犯人は1997年(平成9年)5月24日、「僕より小さいので殺せる」との明確な殺意を持って絞殺に及んでいます。しかもこの犯行、自分の一番下の弟が通っていた小学校の身体障害者学級に男児が通学していることを知り接近しての犯行だったのです。自分より弱いもの、障害者を対象とした犯行、絶対に許せない行為です。

スポンサーリンク

社会復帰し結婚?

この元少年A「酒鬼薔薇聖斗」は2004年に少年院を出所後、整形手術で顔を変え、そして名前も変え、戸籍も全く新しくして四国松山に住んでいたとされますが、その後、2015年6月28日に事件を題材とした手記「絶歌」を被害者遺族の承諾を得ること無く出版、これが25万部ものヒットと成った結果、多額の印税収入を得ているのです。

更には、2016年1月末には東京都足立区竹塚付近に転居していたことが週刊文春の取材で明らかになっています。(既に転居した模様)そればかりか、その印税をもとにホームページを開設(既に閉鎖)、ファン(?)の女性と結婚し子供までいるとの噂まである旨、報じられています。

『絶歌』の印税で元少年Aに入った収入はいくら?

『絶歌』の出版により出版社である太田出版が得た利益、そして元少年Aが得た利益はどのくらいだったのでしょうか?

出版社が純粋に利益として受け取るのは大体書籍代金の10%、そして、著者が印税として受け取るのも同じく書籍代金の10%と言われています。

元少年Aの「絶歌」は2015年6月28日に発売され、6月末に発表された月間のベストセラーでは4位となっていました。7月21日の第3刷までの累計発行部数は25万部、少なくとも3億7500万円の売上となります。

従って、太田出版の収益が3750万円、そして、元少年Aの印税も同じく3750万円となります。
少なく見積もっても、太田出版と元少年Aで、合計計7500万円もの利益が上がっているのです。

被害者遺族への賠償金は?

被害者遺族への賠償金の残高として公表されている金額は:

第1の事件の被害者への慰謝料が8000万円、
第2、第3の事件で負傷した済んだ二人に対する慰謝料が合計で2000万円、
第4の事件の損害賠償額が1億4202万2970円、

とされます。そのうち、約9000万円弱を少年Aとその両親が返済したとされますから賠償金の残高は約1億1000万円が未払金として残っている計算です。

元少年Aは印税を何に使った?

もし、元少年Aが本当に改心し、被害者に謝罪する意思があったとすれば、少なくとも印税を全額被害者への賠償に充てるはずですが、元少年Aは印税を弟二人の大学進学費用、そして、マンション購入資金に充てていた、とされます。(尤も、週間文春の取材により住所が特定されたため、現在は関東周辺を渡り歩いている?と噂されています。)

更に、印税で得た収入によりホームページを開設していましたが、週間文春の報導直後に閉鎖しています・・・しかし、そこに掲示されていたメールアドレスを通じ、多くの”信者”のリストを獲得したとされます。

印税収入が入った後も、元少年Aは月2万円ずつ賠償金を支払うと言っていたとされます。
あれだけ社会的反響や影響の大きかった事件を起こし、複数の尊い人名を奪ったにも関わらず、全く反省の意思が感じられないと言われても仕方がないのではないでしょうか?

遺族は賠償金の一部支払の申し出を拒否

そして、2017年3月末、元少年Aから、『絶歌』で得た印税の一部を賠償金として支払いたいとの申し出が有ったが、第四の事件の遺族である土師守氏が拒否した旨、報じられました。

報導によれば、遺族への賠償金額として元少年Aから提示された金額は合計で1000万円だったとされます。

4000万円余りと想定される印税のうち、元少年Aが提示した金額はその4分の1だったわけです。
しかも遺族に何の断りもなく自分の思いだけを綴った手記を出版し、一方的に情報発信をし、得たお金を、当初は被害者への謝罪に充てようともしなかったのですから、被害者遺族が受取を拒否するのも納得のいくところです。

まとめ

1997年(平成9年)に兵庫県神戸市須磨区で起こったあの忌まわしい「神戸連続児童殺傷事件」、当時14歳の中学生だった元少年Aが「酒鬼薔薇聖斗」を名乗り犯行声明を衝撃的な形で残したこの事件、2名が死亡し、3名が重軽傷を負った凶悪事件の加害者が、出所後、被害者側遺族の許可も得ずに出版した手記『絶歌』の印税の一部を被害者側に支払いたい旨、通知してきたことに対し、被害者遺族が”受取拒否”していることが報じられました。そこで改めて事件の概要、そして、元少年Aが得た印税額や少年院出所後の経緯について調べました。
元少年Aは社会的影響の大きな事件を起こしたにもかかわらず、犯行当時14歳と少年法の適用年齢だったため2004年には少年院を出所、2012年には手記出版の準備に入り、2015年には『絶歌』出版により4000万円もの大金を手に入れ、ホームページで自分の信者まで獲得したとされます。
元名大生によるタリウム事件等の犯行にも影響を与えたとされる事件だけに、加害者側の人権にばかり配慮し、被害者側の人権への配慮が足りない現状が浮き彫りになった形です。

スポンサーリンク

<人気記事はコチラ>

花田雅(21)名古屋ホテルヴィラ全裸で腕に注射痕のフェイスブック画像は?

元名大生 タリウム事件 犯人 大内万里亜(画像)のヤバすぎる過去

石田恭介【Facebook顔画像有】が大阪で逮捕!女医を落としたイケメン結婚詐欺師の手口とは?

警察庁エリート阿武孝雄【画像】不倫相手に執った呆れた行状の顛末!

関連記事

  1. 北朝鮮・7人組【顔画像】は誰?金正恩と核ミサイルを操る秘密組織と…
  2. 大西英男議員やじ失言経歴選挙区まとめ!やじ失言都議選に影響?
  3. やはぎみやこ幼稚園で体罰!青山秋男理事長親子のヤバイ経歴
  4. 福岡タクシー病院突入事故、原因究明に向け新たな証拠が
  5. 花田雅(21)名古屋ホテルヴィラ全裸で腕に注射痕のフェイスブック…
  6. 大西英男議員が捏造!グッチ裕三の推薦文!?傍若無人はヤジだけでは…
  7. 葛飾区ロリツイッター保育士の氏名と勤務先が特定【FB画像】!
  8. 中川俊直と前川恵【画像】重婚ウエディングスキャンダルの呆れた結末…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

recommend

PAGE TOP