ニュース

大西英男議員が捏造!グッチ裕三の推薦文!?傍若無人はヤジだけではなかった

先日も「がん患者は働かなければいい」との失言が問題になった大西英男議員。その大西英男議員が今度は自身のホームページ上に有名人の推薦文を無断で捏造していた事実が発覚しました!ヤジ失言だけでは無かった大西英男議員の傍若無人な行いに文春砲が炸裂です。

スポンサーリンク

大西英男議員が捏造!グッチ裕三の推薦文!?

自民党議員のヤジ失言といえば必ず名前が出る大西英男衆議院議員、70歳。最近も「がん患者は働かなければいい」との失言で都連副会長を辞任したばかりですが、今度は自身のホームページ上で、一度会っただけでも使えそうな有名人を自分の推薦人であるように写真を掲載、推薦文まで捏造していた事実が6月1日発売の文春砲により発覚しました。

大西英男衆議院議員は東京16区(江戸川区のほぼ全域)選出。東京都江戸川区松島生まれで関東一高出身ということで、同じ関東一高出身の元格闘家・須藤元気氏と10年前に一度、何かの会合で会った折にツーショット写真を一緒に撮ったことがキッカケで大西英男議員が推薦文を捏造、写真と推薦文を須藤元気氏に無許可でホームページ上に掲載していたといいます。それに気付いた須藤元気氏が自身のSNS上で抗議している状況だといいます。「大西議員とは10年ほど前に一度会合でお会いしただけ。推薦人になったことも全くないのに、コメントまで掲載されて驚きました。政治家の倫理観は一体どうなっているのでしょうか」と週刊文春の取材に対し須藤元気氏は応えています。

そこに、今度は新たにタレントのグッチ裕三氏の推薦文にも同様の疑惑が浮上しています。現在、ホームページ上の推薦人コーナーは全て削除されてしまいましたが、かつてはタレントのグッチ裕三氏の名前もあったと言います。

この件に関し、ある芸能関係者は「約20年前に自宅が近所だった縁があり、勝手に掲載されてしまったそうです。写真はコンサートの際に撮影されたもので、グッチさんは『許可を出した覚えはないけどな』と話しているそうです」とコメントしており、グッチ裕三氏ご本人は「この件に関しコメントは差し控えます」と応えているといいます。

テレビ東京の人気番組「出没!アド街ック天国」でも江戸川区葛西が特集される回などにはグッチ裕三氏がよく登場しますが、たまたまコンサートを訪れた折に撮った写真を無断で掲載するばかりか、推薦文まで捏造する傍若無人ぶり、先日の「がん患者は働かなければいい」と言ったコメントを最初は「そんなこと言ってない」と言い、最後まで失言を取り消さなかった横暴さと共通するものがあるのでは?と言われても仕方がないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

大西英男議員の過去のヤジ失言まとめ

ここで過去の大西英男議員のヤジ失言を振り返っておきたいと思います。

1)2014年4月「子供を産まないとダメ」

大西英男議員が「やじ」で有名になったのは2014年4月の上西小百合衆議院議員の衆議院総務委員会での少子化対策での質問に対する「子供を産まなきゃダメじゃないか」のやじ発言。

この「やじ」に対しても、発言を指摘された当初、大西英男議員は「記憶にない」と発言の有無をはぐらかしていましたが、最終的には上西小百合衆議院議員に対し、「電話で謝罪」する形で決着しています。

2)2015年6月「(政権に対し批判的なマスコミを)懲らしめなければ行けないんじゃないか」

2015年6月、安保関連法案に批判的な報道機関に対し、「(政権に対し批判的なマスコミを)懲らしめなくっちゃ行けないんじゃないか」「誤った報導をするマスコミに対しては広告を自粛するべきじゃないか」との発言、更に「マスコミを懲らしめるには広告料が無くなるのが一番」と発言。

さすがにこの発言に対しては、大西英男議員が所属する自民党から「報導と言論の自由を軽視」する発言として厳重注意を受けています。

3)2016年3月「巫女のくせに何だと思った」

2016年3月、衆議院議委員北海道5区補欠選挙区、これは故・町村信孝衆議院議長の欠員対する補欠選挙でしたが、「巫女さんのくせになんだ」などと発言したとされます。

これは、自民党から補欠選挙の応援で事務所開きで北海道神宮で戦勝祈願の折、自民党候補で町村信孝氏の娘婿・和田義明氏への支援を依頼した巫女さんが「自民党は好きではない」と発言したため、大西英男議員は「巫女のくせに何だと思った」
「巫女さんを誘って札幌の夜に説得しようと思った」「(私は)神社関係を中心に回ったが、私の世話をしてくれた巫女さんが20歳くらいで、投票がはじめてということだから、ひとつ口説いてやろうと思った」との呆れた発言。

この報導は選挙前とあって北海道で大きく報導され、選挙に大きく影響。結果として自民党公認・和田義明氏は当選出来たものの、野党統一候補者に対し大苦戦、やっとの思いで逃げ切る、という苦しい選挙戦に追い込まれました。

4)2017年5月「がん患者は働かなければいい」との発言に対し、自民党東京都連の下村博文会長をはじめ、自民党幹部は大西英男議員の東京都連副会長更迭を決めましたが、大西英男議員の悪影響、どこまでカバー出来るかは不透明な状況です。

大西英男議員が捏造!グッチ裕三の推薦文!?傍若無人はヤジだけではなかった・・・まとめ

先日も「がん患者は働かなければいい」との失言が問題になった大西英男議員、今度は自身のホームページ上に有名人の推薦文を無断で捏造していた事実が文春砲により発覚しました。

大西英男議員、幼くして父をなくし、職業政治家を目指し、大学時代に自民党東京都連学生部長に就任、江戸川区議会議員から東京都議会議員に転出。都連幹事長も務めており、島村宜伸議員の引退に伴い自民党候補者として衆議院東京16区から出馬、民主党政権の崩壊による自民党ブームに乗り、現在当選2回です。

自民党はもう少し選挙区民のことを考えて議員教育をすべきではないでしょうか。いくら自民党支持者と言えども、余りにも目に余る候補者しかいなければ他の選択肢に目が行ってしまうことも考えられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

<人気記事はコチラ>

北朝鮮「喜び組」は25歳定年!驚きのわいせつ罰ゲームの実態とは・・・

北朝鮮・7人組【顔画像】は誰?金正恩と核ミサイルを操る秘密組織とは・・・

山辺節子【画像】7億詐欺逮捕!若作りでタイ男に貢いだ手口とは?

花田雅(21)名古屋ホテルヴィラ全裸で腕に注射痕のフェイスブック画像は?

元名大生 タリウム事件 犯人 大内万里亜(画像)のヤバすぎる過去

石田恭介【Facebook顔画像有】が大阪で逮捕!女医を落としたイケメン結婚詐欺師の手口とは?

警察庁エリート阿武孝雄【画像】不倫相手に執った呆れた行状の顛末!

関連記事

  1. 島拓史【顔画像】帯広稲田小学校のライダー先生がわいせつな行為・・…
  2. 大澤陽介【Facebook画像】中学女子に睡眠薬でわいせつを・・…
  3. 高木遥生【画像】逮捕!中学女子に成すましてわいせつの手口とは・・…
  4. 中田充【画像】逮捕!福岡母子3人事件動機は義姉との不倫?
  5. 花田雅(21)名古屋ホテルヴィラ全裸で腕に注射痕のフェイスブック…
  6. 澁谷恭正2chで大川経香9歳フィリピンハーフ事件の関連性で話題沸…
  7. 小池史敏【画像】わいせつ行為で逮捕の勤務中学そして動機とは?
  8. やはぎみやこ幼稚園で体罰!青山秋男理事長親子のヤバイ経歴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

recommend

PAGE TOP