キャリア

堺雅人、真田丸に見る「勢い」の大切さ!・・・三谷幸喜、配役の妙

ここ数年、視聴率的に不本意な状況が続いていたNHK大河ドラマにあってその好調ぶりが光る「真田丸」
脚本家に「三谷幸喜」を据え、三谷組と呼ばれる役者陣をフル活用しての「真田丸」の成功の秘密について、脚本やキャスティングにフォーカスを当て、調べました。

「真田丸」主役に堺雅人を持ってきた三谷幸喜の凄さ:

ここ2~3年、視聴率的に不本意な状況が続いていたNHK大河ドラマ・・・NHKにとって朝の連続テレビ小説とともに「2枚看板」だけに、「あまちゃん」以来好調が続く「朝ドラ」に続き「何としても」との思いから、脚本家に「三谷幸喜」を据え、三谷組と呼ばれる役者陣をフル活用しての「真田丸」!・・・しかも主役は「半沢直樹」で乗りに乗っている堺雅人を持ってくる当たり、さすがは三谷幸喜、役者の持っている「勢い」の活かし方、「勝ち方」を知っている!と第44話「築城」のエンディングの凝った演出・・・徳川勢を迎え撃つための砦(とりで)、真田丸が完成し、高梨内記(中原丈雄)に「城の名はなんとします」と問われた真田幸村(堺雅人)が「決まっているだろう、真田丸よ!」と高らかに宣言した次の瞬間、砦の全景から「真田丸」の題字へと切り替わりオープニング映像とテーマ曲が流れたを見て、誰もが思ったのではないでしょうか?

スポンサーリンク



諸葛孔明=「勢いに乗ずれば必ず勝つ」:

野球やサッカー等、スポーツを観戦している時、ひとつのキッカケで急に勢いづいて点を重ね勝利に結びつく場面に度々出会いますが、これなど「勢いが勢いを呼び寄せる」好例です。

孫氏は「戦い方の上手なリーダーは勝つために勢いに乗ることを重視するもの。決して部下の努力だけに頼ろうとしない。勢いの活かし方を知っているリーダーが組織を動かすと、木石(材木や大石)が坂道を転げおちるようなエネルギーを発揮する。名リーダーは「勢い」の活かし方をよくわきまえているから高い山の頂上から丸い石を転がすような勢の戦い方をする。」と説いています。

孫子の誠実な信奉者であった諸葛孔明は「勢いに乗ずれば必ず勝つ」と説いています。

三谷幸喜は半沢直樹で「勢い」を得た堺雅人を主役に持ってくることで、先ずは「半沢直樹をやった堺雅人が主役をやるんだったらちょっと見てみようか」と言う形で大河ドラマから離れていたファン層を見事に取り込み、初回(1月16日)19.9%の好発進。第2話20.1%は、2013年「八重の桜」の初回21.4%以来3年ぶりとなるNHK大河ドラマの「大台」超え。その後も三谷幸喜の「意外性」を上手く取り入れた演出・脚本の妙や三谷組の好演もあり15~19%と好調をキープしているのは周知の通りです。

成功が成功を呼びますます大活躍の堺雅人・・・何事も先ずは「勢い」は大切!:

「真田丸」の成功は、当然、堺雅人自身の価値も高める結果となっているのは皆さん御存知の通りで、来年(2017年)4月?には「半沢直樹2」の放送が予想され、遂にはメガバンクの顔としてのCMまで射止める等、Win-Winの関係を築いています。

皆さんもご経験の通り、仕事でも受験でも「勢い」は大切です!
勢いの有るところにチャンスを見出し、勝ち馬に乗ることによって自分自身の勢いも増しゴールを達成していきましょう!

関連記事

  1. MBA留学・・・ビジネス経験は必要?何歳までに行くべき??
  2. 中谷美紀、英語力を活かし外国人・新恋人(画像)と結婚へ?
  3. MBAプログラム=実際に何を学び?何が大切&有意義なの??
  4. 2年連続賞金女!イ・ボミ選手の人気と強さの秘密とは?
  5. MBAへのチャレンジとキャリアアップの共通点=何故うちに?強みは…
  6. グーグルアドセンス【最新版2016年11月】審査プロセス最新合格…
  7. 大泉洋と安住紳一郎・・・両者に見る出世の共通点=「目上の引き立て…
  8. MBA留学資金調達に向けての一考察=ネットビジネスのススメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

recommend

PAGE TOP