海外留学

ダートマス大学タック・スクール・オブ・ビジネス=1学年240人!少数精鋭、緊密な人間関係が構築できる全米最古のMBAプログラム!

アイビーリーグの超名門校であり少数精鋭が特色であるダートマス大学。そのビジネス・スクールであるタック・スクール・オブ・ビジネス。一学年240人と少数精鋭のプログラムの特色と強みについてまとめました。

スポンサーリンク

タック・スクール・オブ・ビジネスの特色は?:

米国東部、ニューハンプシャー州ハノーバー市にある1769年設立、アイビーローグの名門、ダートマス大学、そのビジネス・スクールであタック・スクール・オブ・ビジネス(Tuck School of Business at Dartmouth)は1900年設立、全米で最も古いグラジュエイト・ビジネス・スクールです。

タックは1学年240人の学生が4つのセクション(1セクション60名)に分かれ、1年生の間授業をセクション毎に受けます。(セクションは、Fall,Winter, Springと学期ごとにchange)

タックにはリーダーシップ教育、チームワーク育成、学習効果の観点から5~6名のスタディグループ制度があるが、コミュニティが小さいこともあり他校と比べ浸透度がとても深いのが特徴です。

クラスメートのバックグラウンドはコンサル、金融、ハイテク・通信、ソフトウエア、運輸、ヘルスケア、製造業、消費財メーカー、広告・出版、政府機関、元軍人、理系博士号取得者、ベンチャー起業家、NPO等、出身業界も多種多様で海外からは約3割の留学生という構成で、多様な組織でリーダーシップを持った人材を育成する学校側の意図がうかがわれます。

スポンサーリンク

タックのカリキュラムの特色は?:

1年目の必修科目、経済学、マーケティング、組織行動と人間行動学、オペレーション分析と管理、会計学とファイナンス、労使関係論、確率論、統計学、マネジメントコミュニケーション、経営環境等の必修科目をケーススタディとレクチャー、それぞれ最も適した方法で進められるが、講義、クラス討議、ケーススタディ、グループプロジェクトを組み合わせることにより、後に続く授業でこれらをミックスした教育方法を可能としているし、生徒同士のみならず、生徒と教授との間でも大変親密な関係が築けるよう配慮されています。

タックの教育手法の基本は理論を現実社会に適応させると言うもので、地理的に不利な条件にもかかわらず実際の企業社会と密接な交流を行っており、殆どの授業でゲストによる講義があり、グループプロジェクトのメンバーを大企業や地元の企業に派遣しプロジェクト活動を実施し、提案します。

タックの真髄は2年目のケースメソッドとレクチャーの組み合わせによる企業家精神の授業。ケースは企業家自身による各種の事業に関するさまざまな角度からの議論で構成されており、コースによっては最後に学生が自分たちのケースに対する経営計画を、教授や実際の企業家に対し発表することもある。また、学校側は「エクゼクティブ・イン・レジデンス・プログラム」を主催し、多くの企業家を学校に招き、実際に授業に参加してもらったり、テニスコートや食堂で学生と交流雨を深めてもらったりもする。

タックは学生に対してゼネラル・マネジメントの教育をしているので専攻制度はなく、唯一要求されるのは2年目の秋学期のビジネス・ポリシーという科目を取ることだけですが、2年目の科目はどれもケーススタディに重点を置き、クラスの規模もとても小さくなり、学生と教授が親密な関係を構築できるのが特徴です。

最後に:

タック・スクール・オブ・ビジネスの特色は一言で言って、数量志向で遠隔地に在る少数精鋭の学校、ということになります。
その分、どこよりも緊密な人間関係が築けることから、日本の大企業の人事部から最も評価されているMBAプログラムとも言われています。

スポンサーリンク

<人気記事はコチラ>

花田雅(21)名古屋ホテルヴィラ全裸で腕に注射痕のフェイスブック画像は?

元名大生 タリウム事件 犯人 大内万里亜(画像)のヤバすぎる過去

石田恭介【Facebook顔画像有】が大阪で逮捕!女医を落としたイケメン結婚詐欺師の手口とは?

警察庁エリート阿武孝雄【画像】不倫相手に執った呆れた行状の顛末!

関連記事

  1. MBA留学・・・ビジネス経験は必要?何歳までに行くべき??
  2. ペンシルバニア大学ウォートン・スクールMBAプログラム=シカゴと…
  3. ノースウェスタン大学ケロッグ・スクール・オブ・マネジメントMBA…
  4. スタンフォード・ビジネス・スクール=少数精鋭、ハイテク分野に強み…
  5. ミシガン大学ロス・スクール・オブ・ビジネスMBAプログラム・・・…
  6. シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス MBAプログラム
  7. 高校・大学、交換留学のススメ
  8. MBA留学するならやっぱり米国の2年制MBAプログラム!という方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

recommend

PAGE TOP