海外留学

ペンシルバニア大学ウォートン・スクールMBAプログラム=シカゴと並び米国最古のビジネス・スクール、ファイナンスの分野に強み!

アイビーリーグの名門ペンシルバニア大学のビジネス・スクールであるウォートン・スクール。アメリカで最も古いビジネス・スクールでありファイナンスに強みを持つ学校です。西海岸に起業向けプログラムを立ち上げるなど、革新性にも富んだプログラムの特色と強みについてまとめました。

スポンサーリンク

アイビーリーグの名門ペンシルバニア大学のMBAプログラム、米国最古のビジネス・スクール:

ウォートン・スクールは米国東部、ニューヨークとワシントンDCの中間に位置するフィラデルフィアに在るアイビーリーグ8校のうちの一つ、名門ペンシルバニア大学のビジネス・スクール。1881年、フィラデルフィアの実業家ジョセフ・ウォートンの寄付により設立。ファイナンスの分野に高い評価を受ける名門校で、1994年から10年間、ビジネス・ウイーク誌の1位にランキングされ、常にトップ5位内にランキングされる名門校です。

日本人卒業生も1000人を超え、経済企画庁長官を務めた寺澤芳男氏を筆頭に野村證券からは毎年2名、企業派遣生が送られる等、日本と大変関係の深い学校です。ゴールドマン・サックス日本法人の持田昌典社長や元NTTドコモの夏野剛氏等、有名人を数多く輩出しています。

スポンサーリンク

合格のポイントは英語力⇒仕事で英語を使っている等、総合的英語力をアピール:

バブルの頃1学年30人以上もいた日本人留学生も、ご多分に漏れず、最近の入学者数は年間10人を切る状況のようで、ここでも中国・インドからの学生数画がその分増えているようです。

もともと日本人に友好的な学校ですから、日本人をなるべく合格させたいという意向を学校側も持っているようですが、英語力に不安が有る場合、合格させる訳にはいかないので、その場合、英語で業務を遂行した経験等、エッセー等でアピールする必要が有るようです。

TOEFL、GMATのスコアーに関しても、足切り点が有るわけではなく、例えば、TOEFLの点数が低い場合でも、GMATのVerbalのスコアーとの兼ね合いや、学部時代の英語履修経験や英語での業務経験等、総合的に判断し、最後はインタビューで英語力に対する不安が取り除かれれば合格出来ます。

ウォートンは同級生同士が強調して学ぶことを重視しているため、入学選考に際し6名でのグループ・ディスカッションを選考に取り入れていますが、先ずは敵対する等、チームワークに適さない人をふるい落とし、どのようにチームの他のメンバーと協力してディスカッションに貢献出来るか?を評価している様で、発言の内容自体は余り問題ではないようです。

ウォートンMBAプログラムの特色は?:

1年目は必修7科目同時並行で履修する必要が有り、成績は相対評価で毎年落第者が出るため、プレッシャーは相当なものです。(シカゴ大の場合、クォーター制で1学期3~4科目を履修し6週目が中間試験、11週目に期末試験を受けるシステムですが、セミスター制とどちらが良いかは判断の別れるところかと思います)

ウォートン・スクールはアカデミックの理論と実践の両方を重視した総合的なプログラで名高く、金融に強いという特徴から卒業生の多くは投資銀行や投資ファンド、コンサルティング会社に就職していきます。

2001年に西海岸の拠点としてウォートン・サンフランシスコ校をオープン、企業に興味のある学生を対象に企業家精神やベンチャー・キャピタルなどの専門プログラムを提供しています。

詳しくはウォートン・スクール公式ホームページ( https://www.wharton.upenn.edu/ )でご確認下さい。

スポンサーリンク

<人気記事はコチラ>

花田雅(21)名古屋ホテルヴィラ全裸で腕に注射痕のフェイスブック画像は?

元名大生 タリウム事件 犯人 大内万里亜(画像)のヤバすぎる過去

石田恭介【Facebook顔画像有】が大阪で逮捕!女医を落としたイケメン結婚詐欺師の手口とは?

警察庁エリート阿武孝雄【画像】不倫相手に執った呆れた行状の顛末!

関連記事

  1. MBA留学、2年制プログラムは経済的に無理・・・ならばINSEA…
  2. UCLA アンダーソン・スクール・オブ・マネジメントMBA・・・…
  3. MBAへのチャレンジとキャリアアップの共通点=何故うちに?強みは…
  4. 何故、海外MBA留学を目指すのか?・・・キャリア目標と目的意識を…
  5. グーグルアドセンス【最新版2016年11月】審査プロセス最新合格…
  6. 高校・大学、交換留学のススメ
  7. シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス MBAプログラム
  8. コロンビア大学ビジネス・スクール・・・ニューヨーク・マンハッタン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

recommend

PAGE TOP